寄稿

片目を開けて昼寝をしましょ

目下、日本の経済は壊滅状態にあります。中でも、不急不要の商品を扱うジュエリービジネスは、お先真っ暗、何をどうしたらいいのか分からないというのが実感でしょう。

素晴らしい隣人である中国からの贈り物、コロナの将来は誰にも分からないようです。

それにしても、特に民放のテレビに登場する専門家さんたちの、いい加減さにはほとほと呆れます。どれを聞いても、ただしゃべるだけ、結論らしいものはどこにもない。

いつものことながら、こうした非常事態が起きた時、世間の反応はいつも二通りしかないようです。

一つはただ訳もなく騒ぐだけ、この世の終わりだ、政府は何していると騒ぐもの。

もう一つは、この非常時を利用して、自分だけ何とか利益を得ようというもの。この後者の方は、悲しいことに我が宝石業界でも、ほんのごくわずかではあるが出ている。まあ、いつの世にも、信じられない様な人間はいるものです。

とにかく、我らのジュエリーという商材は、あってもなくても人間が生きていく上では、まったく必要のないものですから、コロナ騒ぎが終わっても、回復するのは最後ではないかという危惧の念を、皆さんがもたれることはよく分かります。

しかし、人間は単なる動物ではない。実はこの信念が大事だと思うのですが。

ジュエリービジネスの中でもっとも大切な業態は小売業です。末端からジュエリーがお客様に渡らなければ、何事も始まりません。

では、このコロナ禍での小売業の現場はどうなっていたのでしょうか。法律で閉店が要請されているもの、つまり、百貨店、スーパーの専門店街、ショッピングビルの中の店舗、これらは状況が変わるまでは変化しようがない。ですが、普通の小売店舗にはそこまでの要請はなかった。店頭で濃厚接触が起きるほど、お客で溢れ返る宝石店などというのは、聞いたこともありませんよね。そうした意味では、宝石店はオープンしていてもおかしくはなかった。しかし、周りの商店街との絡みとか、開いていても客がこないし、電気代がもったいないということで、閉店しているところも多かったようです。

この未曾有の状況に対応するアイデアは、残念ながら私にもありません。こうした時は、昼寝をする以外に良い方法はない。出る経費を抑えて昼寝をする、ただし片目だけは開けておく。それ以外に当面の対応策はないと思います。

問題は開けている片目で何を見るかです。私は、昼寝をしながら見る、あるいはやるべきことは二つあると思います。

一つは、お客様との繋がりを絶やさないことです。売るための催事をやっても無理でしょう。こんな世の中ですが、「こんな面白いジュエリーを見つけました、元気になったら扱います」とか、「今は暇ですから、真珠連の差し替えでもしましょう」とか、とにかくお客様との繋がりを持ち続けることです。

フランスの男女の関係を表すセリフの中でこんなのがあります。『一番哀れな女は、捨てられた女ではない。一番哀れな女は、忘れられた女である』というのです。一番哀れな店は、忘れられた店ですよ。忘れられないこと、それがこうした環境の中では一番大事なのです。そのためには、なんでもいいからお客様から覚えておいてもらうこと。それには、知恵と心を働かせた、絶えざるアプローチが大事ではないでしょうか。

二つ目は、暇になったこの時に、自分の扱っているジュエリーを見直すこと。つまりですね、状況が変わって再びお客様の目がジュエリーに向かうようになった時、今自分が持っているジュエリーでお客様に満足いただけるのか。今付き合っている取引先の商品で、コロナ騒ぎが収まった後でも客を呼べるのか、ということを考えることです。

こうしたことは、何か大きな機会がなければ実行できません。お店が半分閉まっているような時こそ、今の取引先でいいのか、もっと良いジュエリーはないのか、新しいものはどこにあるのか、などを考えることです。そのためには目を半分開けておく必要があるのですよ。これができなければ、コロナ騒ぎは終わっても、やがて消えてゆくお店になるものと私は思います。

そして、オマケで言えば編集長の川村さんが、近ごろやたらと訴えているジュエリー販売のオンライン・デジタル化への備えも考えてみる事です。これは、小売業は当然として、これからの川上のジュエリービジネスにとって、必須のビジネス対応であると思います。

個人的な話として、私に今言えることはこれ等につきます。しかしながら、最も大切な事は、業界人の我々が自信を持つことです。

確かに、ジュエリーという商品は不急不要のものです。しかし、『ジュエリーなしに、楽しい人生を送ることはできない』ということを、確信を持って業界の我々が叫ぶことです。江戸時代の歌にこんなものがあります。『人の世は、食ってこなして、寝て起きて、さてそれからは糞を出すだけ』というのです。

江戸時代はそうであったかもしれませんが、21世紀の今日、平均的な日本人の民度は非常に高い、おそらく世界屈指のものだと思います。食ってトイレに行くだけで終わるような民族ではない。何かもっと精神的に充実したものを必要としている、それが日本人の平均的な望みだと思います。そうしたモノの一つが、我らがジュエリーであるという信念を持つことこそ、ジュエリービジネスが生き延び、新たな発展ができる方途であると思います。

確かにこの騒ぎは、歴史にもないほどの大変なものですが、決して終わらないものではない。落ち着きを取り戻した時に、人々に満足を与えるものの一つが、ジュエリーであるという信念を持つこと。そして、満足を与えることのできるジュエリーを揃えることではないでしょうか。こうした信念を失わずに、片目を開けてこれからを見据えながら昼寝をする。これ以外にこの騒ぎをやり過ごす方法はないと思っています。皆さんのしっかりとした取り組みを期待しています。

講読・広告のお申込みは

お申し込みはこちら

隔月刊(1・3・5・7・9・11月)
年間購読料:1年(6冊)46,200円(税込)